【後味の悪い話】宝くじで大当たり

644 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/18(金) 21:41:12
海外の事件を思い出した。
宝くじで大当たりをして一躍有名になった家族。
幸せになるどころか不幸が押し寄せた。
親類や友人が増えたのを手始めに、連夜鳴り響く金をせびる電話。
とうとう身代金目当てに娘が誘拐されて殺されてしまった。
事件後、父親は「宝くじなんて当たらなければよかった…」と肩を落としていた。
海外の宝くじって当選者を公表するよね。あれは理解できん。
645 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/18(金) 21:49:11
>>644
確か、元々建築関係の会社かなにかをしていて結構裕福だったんだが
桁違いの金額が当選したところ、友達から借金の申し込みが殺到
仲の良い友達に貸しても返してくれず人間不信に
また、マスコミは当選者やその家族の些細な過去を暴きたて本人はアルコール中毒に
幼馴染で初恋の相手だった奥さんも愛想を着かして家を出てしまった

最愛の子供は誘拐騒動に巻き込まれ、学校に通うこともできず
年上の友達と遊ぶようになり、麻薬中毒に。
その後行方不明になり発見された遺体には大量の麻薬が検出された。

「こんなことなら宝くじなんて当たらなければよかった…」と涙を流してマスコミに訴えた。

でも、何が一番後味が悪いかっつーと、当選金額が400億近いのに諸々の金額引かれて
最終的に手に入ったのはその1/4の100億円程度だったってことだと思う。

【後味の悪い話】宝くじで大当たりの続きを読む
[ 2017/03/24 22:37 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】梶原一騎の娘の事件

629 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/18(金) 19:55:56
有名人の子供が殺された事件と言えば、梶原一騎の娘の事件も凄まじいよね。
もう離婚してたし、梶原が亡くなって10年後くらいの事だけど。
以下私が知ってる事件の内容。文章書くの下手なので、個上書きですみません。
梶原の元妻は中国人の有名女優だった。娘を妊娠中に梶原とは別居をして中国に帰っていた。
娘が17歳の時に誘拐され、娘の小指と共に500万ドル用意しろとの脅迫状が届いた。
お金は用意したが、受け渡しに失敗してしまい、マスコミにも知られてしまった。
受け渡しの場所にマスコミのヘリコプターが来るほどだった。
結局娘は虐殺された。顔は誰だかわからないほど酷く乱暴されていた。

犯人が捕まったかどうかは失念してしまったんですけど、これってマスコミも犯罪の一端を背負ってますよね。
まあ、お金を受け取ったところで、無事に娘さんが帰って来たかはわからないけど。

【後味の悪い話】梶原一騎の娘の事件の続きを読む
[ 2017/03/24 21:37 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】家政婦に殺されたセレナ

593 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/18(金) 14:32:45
アメリカの歌手でもいたよね、家政婦に殺されたの。
セリーナとかいったっけ?
スパニッシュで歌う人気の女性歌手。
まだ幼い頃からその面倒を見てきた雇われの中年家政婦。
歌手のファンクラブのまとめ役だか責任者だかの役を自分から始めたが、
ファンから渡された金品を、歌手に渡さず着服する。
それがばれると反省する様子を見せたが、
行為を改めることはせず、歌手の父親に解雇された。
その後歌手と話がしたいと頼み込み、
その時彼女がステイしていたモーテルまで銃を持って出向き、射殺。
その後警察に囲まれるが、自殺すると脅し、長い長い説得の後、
泣きながら投降する。
第一級殺人罪を逃れる為の方便だろう、
計画的犯行ではなく、彼女を殺すつもりは無かったとか、
一時的精神錯乱に陥ってただとか、言い訳のオンパレード。
しかも確かそれが通って、あんまり重い刑罰受けてなかった記憶が。

歌手の父親の企画で、この殺人映画化されてるって話だから、
知ってる奴いるかな?

【後味の悪い話】家政婦に殺されたセレナの続きを読む
[ 2017/03/24 20:37 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】高島忠夫の長男

588 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/18(金) 13:00:36
そういえば、最近知ったんだけど、高島忠夫の長男って
家政婦に殺されたらしいな。
確かお風呂?でだったような気がしたけどちがったけ?
何かすごく後味悪い話だったような気がした。
589 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/18(金) 13:06:35
>>588
これかな。以下転載。
———————————————–
-経緯-
昭和39年8月24日午前3時頃、東京都世田谷区の俳優・高島忠夫(当時34歳)の
長男・道夫ちゃん(当時、生後5ヶ月)が風呂の浴槽で溺れ死んでいるのを
同家のお手伝い・Y子(当時17歳)が発見した。警察が急行し現場の捜査を開始した。
Y子は「工員風の怪しい男を目撃した」と証言するが、現場は荒らされておらず
物取りではないこと、Y子の証言が曖昧であることなどから警察は厳しくY子を追及。
同日の昼過ぎ、Y子は道夫ちゃんの殺害を自供した。

【後味の悪い話】高島忠夫の長男の続きを読む
[ 2017/03/24 18:37 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「別れるなら死んでやる」

405 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/15(火) 21:48:05
ストーカーではないがこんなニュースも・・・
14日午前零時半ごろ、愛知県常滑市古道東割の県道で、交際相手の女性と別れ話をした後、
「死んでやる」と言って車道に寝転がった同市小倉町の無職・中川翔太さん(20)が、
愛知県半田市の男性会社員(27)の乗用車にはねられ、脳挫傷で死亡した。

常滑署によると、中川さんは「別れるなら死んでやる」と、交際相手の女性の目の前で道路に寝転がり、
数分後にはねられたという。現場は、常滑市と半田市を結ぶ主要道で、
見通しのいい片側1車線の直線道路。昼間は交通量は多いが、深夜は少ないという。

 フジテレビの大ヒットドラマ「101回目のプロポーズ」(91年)では、
武田鉄矢が演じるもてない主人公が、車道に飛び出し、はねられる寸前でトラックが急停車、
「ボクは死にましぇ~ん!」と叫び、浅野温子が演じるプロポーズ相手のハートを
射止めるシーンが有名。今回の事故は、寝転がっていたため、車が気付かず止まってくれなかった
捜査関係者は「死ぬ覚悟があったのか、車が来るとは知らずに勢いで寝転がったのかは、
亡くなった本人にしかわからない」と話す。振った立場の女性もショックを受けているという。

【後味の悪い話】「別れるなら死んでやる」の続きを読む
[ 2017/03/23 21:37 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ