【後味の悪い話】星新一の短編

135 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/16(金) 23:34:19
星新一の短編から
主人公は一流大学を出て役所に就職した高給取り。
イケメンで物腰もスマートで申し分のない男性。
しかし彼の妻は彼に似つかわしくない、およそ不細工でだらしの無い女性。
浪費家であり、給料はすべて自分の贅沢のためだけに使い、家事も一切せずに家でも
彼を奴隷のように扱っている。

【後味の悪い話】星新一の短編の続きを読む
関連記事
[ 2017/09/30 22:37 ] 星 新一 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】関よしみ「笑わせろ!」

748 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/07(水) 16:55:28
関よしみの「笑わせろ!」も、後味悪いというか、気まずいラストだった。
美弥子は美人だが滅多に笑わないクールな女子大生。
一方、友人の鈴香は笑い上戸で可愛らしい甘えっ子。
実は美弥子は、鈴香の恋人である卓也に恋心を抱いており、
二人の仲に嫉妬しているがために、笑えない日々を送っていたのだった。
男友達の菅生は、その複雑な思いを知りつつも、美弥子にアプローチし続けていた。

【後味の悪い話】関よしみ「笑わせろ!」の続きを読む
関連記事
[ 2017/09/25 22:19 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「憎しみが止まらない」

714 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/06(火) 15:37:36
「憎しみが止まらない」っていう短編
女子中学生の主人公は先日、父の仕事の都合で、
まだ幼児の妹と両親と共に引っ越しをした。
大学生の兄だけは通学に不便になってしまうからと、実家に残っている。
実家にいたころ隣の家に住んでいた親友との別れは辛かったが、
新しい学校でAという友人もでき、イケメンなクラスメートともいい感じになり、
主人公は新しい生活を楽しく送っていた。

Aには兄がいる。進学に失敗して以来、精神を病んでしまっているという。
普段は家に引きこもっており、たまに思い出したように外を徘徊している。
見かけるたびに主人公は気持ち悪く思っていたが、それを理由にAを差別したりはしなかった。

Aとイケメンと共に下校していた主人公は、女性の悲鳴を聞いた。
声のする方に行ってみると、そこには血まみれの母の姿が。
ナイフをふりかざしているのはAの兄であった。傍では、主人公の妹が血だまりの中で倒れていた。
やがて、Aの兄は逮捕された。シンナーに手を出していたAの兄は錯乱していたのだという。
主人公の母と妹は亡くなった。
葬儀には多くのマスコミが駆けつけ、彼らの前でAは主人公に向かって謝罪した。
許せるわけがないと、主人公は泣きながら自室に篭った。
主人公の父は、あなたが悪いわけではないとAを励ましながらも号泣をおさえられなかった。

主人公は静かに心を慰めたかったが、マスコミが連日ドアの前で騒ぎ続けており、心休まらなかった。
それでも時が経つにつれやがて癒えていき、マスコミも引いていったので、久しぶりに登校することにした。
その途中の道でギョッとする。Aの家壁一面に「人殺し」などの罵声の言葉が書かれていたのだ。
でも、母と妹の命を奪った者の家なのだから仕方がない、むしろいい気味だとさえ主人公は思った。
教室に着くと、みんなが主人公を労り慰めてくれた。だが、続いて出てきたイケメンの言葉に主人公は驚いた。
「辛いだろうけどAのことを許してやってあげてくれ 家族だからとAや両親のことまで世間は叩き続けている
 Aも事件以来学校にきていない、追い詰めたら一家心中にでもなりかねない
 それにAの兄は、昔は俺ともよく遊んでくれたし根は悪い人じゃないんだ
 一時的におかしくなってしまっていただけで、きっと悔いている」

【後味の悪い話】「憎しみが止まらない」の続きを読む
関連記事
[ 2017/09/25 21:19 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】接続された女

711 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/06(火) 14:56:57
海外SF小説の「接続された女」。
「広告」というものがなく、商品アピールに「素敵な誰々が使ってるあの商品」
「かっこいい誰々が持ってるあのバッグ」のような情報が重要とされる時代、
あるドブスでスイーツな女が自分のブスさに嫌気がさし自殺するんだが、
こっそり病院で助けられ、ある広告会社から極秘の仕事を斡旋される。
それは遠隔操作で動く人造美女=広告塔の脳みそとなること。
「スターの仲間入りが出来る」と言われ地下の小部屋に閉じ込められたドブスは
箱に入れられチューブを沢山付けられ人造美女の遠隔操作を始める。

【後味の悪い話】接続された女の続きを読む
関連記事
[ 2017/09/25 20:19 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】DEAD OR ALIVE 犯罪者

702 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/06(火) 12:51:46
三池崇史監督の「DEAD OR ALIVE 犯罪者」にて。
この映画で女優デビューした甲賀瑞穂(当時ViViモデル)が凄かった。
ストリッパー役ということで脱ぎまくり。

【後味の悪い話】DEAD OR ALIVE 犯罪者の続きを読む
関連記事
[ 2017/09/25 18:19 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ