スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【後味の悪い話】氷室奈美でタロット・ウォーズ。

410 名前:本当にあった怖い名無し :2009/02/14(土) 23:14:28
昔は大らかだったからなあ。
今だと出版社の自主検閲はいるんじゃないかな。
ヤバイと思った少女漫画がある。
キリストがにやけ面のいい加減な中年親父で
口八丁で他宗教の神や天使をそそのかしたり
美少年好きのバイでイケメン悪魔の尻を追いかけたり
最後は目星を付けた人間と悪魔を協力させてヤハウェを殺させる。

【後味の悪い話】氷室奈美でタロット・ウォーズ。の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/10/15 22:47 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「八百屋のお七」

392 名前:1 :2009/02/14(土) 02:02:32
めちゃくちゃ有名な話なんだけど、
知らない人もいるかもしれないから念のため。
江戸時代に実際にあった話です。
「八百屋のお七」

火事と喧嘩は江戸の華と言われるくらい、江戸は火事の多い町でした。
天和2年(1683年)12月28日、その日も江戸を大火事が襲い、
多くの人が焼きだされてしまいます。世に言う「天和の大火」です。
ある八百屋の養女であるお七も、火に巻かれ郊外のお寺へ避難したのでした。
命からがら避難できたお七。お寺のお坊さんたちは、彼女を優しく介抱してくれました。
と、その中にひと際美しい寺小姓が。お七は彼に目を奪われてしまいます。
命の危機に瀕すると、生殖本能から恋に落ちやすいとはよく言われますが、
お七は完全にその寺小姓にひと目惚れ。恋の炎までも燃え上がらせてしまったのでした。

かくして命拾いしたお七でしたが、あれからあの寺小姓のことが忘れられません。
来る日も来る日も彼を想い、恋い焦がれては溜息をつく日が続きました。
そんなとき、お七の脳裏をある悪念が過ぎってしまったのです。
「もう一度火事になれば、またあの方にお会いできるかもしれない」
もしまたあのような大火が起きれば、多くの人が財産や命を失ってしまう。
数えの16歳(現在の満年齢で14歳)であったお七はそんなこと承知の上でしたが、
やはり抑えきれない恋心に、お七は抵抗できなかったのです。

【後味の悪い話】「八百屋のお七」の続きを読む
関連記事
[ 2017/10/15 21:47 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】深夜ドラマ「リセット」

388 名前:消えた記憶 1/3 :2009/02/13(金) 23:40:41
先週放送された深夜ドラマ「リセット」 第四話「消えた記憶」
病院のベッドで目覚めた主人公は丸々1ヶ月間の記憶を失っていた。
覚えているのは彼氏と出会う直前まで。
お見舞いに来た幼馴染みの男は、乗っていた車が事故を起こし、
運転していた彼氏が亡くなったと明かす。
主人公が彼氏と交際した1ヶ月間の事を聞こうとすると、
幼馴染みは忘れた方が良いと意味深な事を言う。
それでも、主人公が彼氏との交際を思い出したいと願うと不意に携帯が鳴り、
人生をリセットできる謎の人物・アンリが現れる。
そして、主人公は1ヶ月前、彼氏と出会った夜まで人生をリセットする。

そこに待っていたのは彼氏とのイチャイチャラブラブな毎日。
しかしそんな主人公に幼馴染みは「あの男はお前を騙そうとしている」
「あの男の運転する車には絶対に乗るな」と言う。
小さい頃からずっと自分のそばに居てくれた幼馴染みの忠告に彼氏のことを疑うも、
彼氏を愛しているので幼馴染みの言葉を完全に信用することもできない主人公。
彼氏から直接真偽を訊ねようにも、幼馴染みの忠告があった直後から、何故か彼と連絡が取れない。
主人公の彼に対する不安は、だんだんと強くなっていく。

【後味の悪い話】深夜ドラマ「リセット」の続きを読む
関連記事
[ 2017/10/15 20:47 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】懲役30日

345 名前:本当にあった怖い名無し :2009/02/13(金) 02:58:36
タイトル失念。多分「懲役30日」だったと思う…
舞台は死刑が廃止になった近未来の日本。

その日、ある凶悪犯の判決が下されようとしていた。
罪状は殺人。それも善良な一般市民7名の尊い命を奪ったという凄惨なもの。
被告である男は死刑確定と思い込んでおり、
裁判中も横暴に振る舞い、反省の言葉を口にするどころか、
被害者遺族を誹謗するような言葉を発したりしていた。

「被告を、懲役30日に処する」
裁判長が判決を読み上げるや否や、男は歓喜の雄叫びを挙げる。
7人も殺害したにもかかわらず、たった30日の服役。
もちろん男は控訴せず、検察もその判決に納得している様子だった。

男は恋人と面会すると、判決の内容を伝えた。
「ひと月したら戻れるから、それまで待っていてくれ」
男と女は互いに顔を見合わせながら不適な笑みを浮かべる。

【後味の悪い話】懲役30日の続きを読む
関連記事
[ 2017/10/15 19:47 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】首つり死体に挨拶してた

308 名前:転載 :2009/02/11(水) 21:17:54
名前:怖[sage] 投稿日:2009/02/11(水) 18:25:35 ID:MTujN2og0
自分の学校で先生が生徒を轢き逃げしちゃったことがあった。
軽傷だったんだけど、やっぱり問題になって。
なんせ通学路でだったから、目撃者多数で。
処分まで謹慎してるんだって、なんて話してて、
数日後の、前日雪がたくさん降った朝、門の所にその先生が立ってた。
雪も降ってたし、寒い日だったので、みんなマフラーに顔をうずめたまま、
「おはようございます」と会釈して挨拶して学校に入った。
謹慎とけたんだねーだけど、前科持ちじゃね?えーなんかイヤー、とか、そんな話しをしてた。

【後味の悪い話】首つり死体に挨拶してたの続きを読む
関連記事
[ 2017/10/15 18:47 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。