【後味の悪い話】更新再開について

皆さんお久しぶりです

1年半と放置していましたが、しばらくぶりに再開します。
この記事はしばらく一番最初の画面に出るようにしておきます

【後味の悪い話】更新再開についての続きを読む
関連記事

新サイト移行の準備中です

改めてお久しぶりです。

前回、記事更新を続けていくと言った矢先にストップしてしまい申し訳ございません。

生活環境がある程度整いましたので、心機一転、ブログ自体を変えて再スタートの予定です

新サイトへの移行準備ができましたら、改めてこちらでお伝えします。

長いスパンですが、年内には完了させます。

前回の記事にて、久しぶりに覗いたというコメントが励みになりました。

応援よろしくお願いします

関連記事

【後味の悪い話】ヴァン・ヘルシング

946 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/03(火) 00:34:20
ハリウッド映画ってサ、トラブルに巻き込まれて、
何人もえげつない死に方で失ったとしても、
目的達成したら笑顔でハッピーエンドって話し多いよね。
特に自分の身内を救出するために、無茶な作戦立てて、
どんなに大勢犬死にさせても、身内救出→抱き合う→よかったぁぁぁってなんなんだよ・・
恋人なんか救出した日にゃ、警官隊とかいろんな人が
バタバタ走り回ってるサ中にチューって・・しかもディープな。

その後に平凡な日常を映すような演出は甚だ後味が悪い。

【後味の悪い話】ヴァン・ヘルシングの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】ボトルネック 米澤穂信

58 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/03(火) 11:19:09
だいぶ前に読んだので、違うところもあるかも。
まとめるのも下手なのでそのへんは許してください。
ボトルネック 米澤穂信

主人公は、少し影のある高校生の少年。兄の通夜の日に、
数年前に崖から落ちて死んでしまった少女(少年と同じような性格でなんとなく仲が良かった)の事故現場にいた。
(従姉妹(少女の)と旅行に行き、崖から落ちて死んでしまった)
なんでだか忘れたけど、パラレルワールドしちゃって、少年が生まれていない世界にきてしまった。
そこは、いないはずの姉がいる(少年の世界では死産かなにかでいない)。
姉は、少年と違い明るく世話好きで、どうしたらいいか困っている少年の手助けをする。
姉の提案で、姉と少年の世界の「間違い探し」をすることにする。
(「間違い探し」は、長くなりそうなので一部を箇条書きにします)

【後味の悪い話】ボトルネック 米澤穂信の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】皇国の守護者

98 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/09(月) 12:52:06
皇国の守護者 よりうろ覚えだけど後味悪かった話
サブキャラ(男)の幼いころのストーリー。
そいつ家はもともと裕福だったが、なんやかんやで借金まみれになり、父も死ぬ。
母はたいそう美人だったため、金貸しに『体売れよ』と言われ、娘も一緒に娼婦になる。
幼い男は、母や姉が売春している意味をよく理解していなかった。

ある日母が連れてきた金持ちのオッサンに売られていく。
このオッサン、ショタ趣味があるので有名な変態。
しかし、男は『これで家族を救えるなら』と覚悟し、オッサンに上手く取り入って生きていく。
もちろん後ろ指刺されまくりだが『家族』を守るために男は自分を恥じなかった。

ある日、オッサンが病気で急死する。
遺書には、その莫大な遺産は男に残すとあったため、男は一気に大金持ちに。
まわりから『尻穴ひとつで家族の借金を立て直した』などと蔑まれても、
『これでまた家族と暮らせる!』と喜ぶ男。
しかし実家に帰ってみれば、家は大規模な娼館に…
今や母は、沢山の娼婦を抱える娼館のオーナーになっていたのだ。
『また家族皆で静かに暮らしましょう』とお金を母に差し出す男に向かって母は、

【後味の悪い話】皇国の守護者の続きを読む
関連記事


アクセスランキング ブログパーツ