【後味の悪い話】ぴよちゃんの肉

633 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/22(土) 01:44:20
戦前生まれの自分の親は、鶏でそのトラウマを背負った。
ちょっと田舎の方だと、昔はどこでも鶏を飼ってて世話は大概子供に任せられてるんだが、
子供だから一羽づつ名前をつけて可愛がる。

【後味の悪い話】ぴよちゃんの肉の続きを読む
関連記事
[ 2017/06/18 22:14 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】ブタがいた教室

628 名前:ブタがいた教室 実話 豚のPちゃん 1/2 :2008/11/22(土) 01:11:50
一応ブタの話書いておく。
小学校4年生のあるクラスに新任教師がやってくる。
その先生は命を尊さを子供に教えようとそのクラスで子豚を1頭飼ってみんなで世話をし
卒業するときにみんなで食べるという内容の授業を考える。
子豚はPちゃんと名づけられ、子供達は一生懸命世話をした。
やがてPちゃんはクラスのアイドルのようになっていく。
3年後子供達が卒業するときがやってきたが
Pちゃんを可愛がってきた子供たちは最初に約束した”食べる”ということに抵抗を覚える。
クラスで話し合いがおこなわれいくつかの選択肢が出た。

・新しく4年生になる生徒にPちゃんを託す
・食肉センターにもっていく
・農場に飼ってもらう
・最初の約束どおりみんなで食べる

最初は後輩に引き継ぐことが考えられたが、
Pちゃんはすでに300キロを超えていて、いきなりそんな大きなブタを預けられても後輩も困るだろうし
衛生面での問題もある、それに後輩が卒業するときにまた同じ問題が起こると保護者から声があがり
再度クラスで話し合いをすることになる。

【後味の悪い話】ブタがいた教室の続きを読む
関連記事
[ 2017/06/18 21:14 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】パットお嬢さん

587 名前:パットお嬢さん 1/2 :2008/11/21(金) 09:22:47
「赤毛のアン」を発端にのびてるなあ。
同じ作者で「パットお嬢さん」って小説が個人的に後味悪い。
主人公パットは森に囲まれたお屋敷に住んでいて、森も込みでそのお屋敷を「銀の森」と呼んでいる。
パットは銀の森で父母、妹、召使いと一緒に幸せに暮らしているのだが、
「変化」を異常な程に恐れていて、いつも、「一緒に住んでいる妹が出てってしまうんじゃないか」とか
「幼い頃から一緒の召使いが死んでしまうんじゃないか」とかありとあらゆる現状変化を恐れている。
以前兄も一緒に住んでいたのだが、兄が家を出て行ってしまったときもとても嘆き悲しんで、
今でも嘆いている程。

また「銀の森」に執着するあまり、「銀の森」から出て行きたくないので、
モテモテなのに結婚もしないまま30になってしまう。
当時、30で結婚してない女なんて「負け犬ってレベルじゃねーぞ!」
幼なじみのシドという男性がパットに何度も求婚しているのに、それをすげなく断りつづけ、
シドはパットを忘れるためどこかへ移住してしまう。
また他の男性達からも求婚されるが、全て断ってしまう。
その断り方が後味悪い。パット本人も「結婚しなきゃ」という意識はあるので、
途中までちゃんと交際する。(むろんエッチ無しの清い交際)
なのに土壇場になって(やっぱり銀の森から出て行くの嫌!)と思ってきっぱり結婚を断る。
しかも理由を言わないでただ「あなたとは結婚できない。ごめんなさい。」の一点張り。
男から見たらもて遊ばれているとしか思えない。
理由を言われても、そんな理由じゃ男は嫌だろう。

【後味の悪い話】パットお嬢さんの続きを読む
関連記事
[ 2017/06/18 20:14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】ゴリラ代役

529 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/20(木) 01:35:54
世にも奇妙な物語より
高額な報酬のアルバイトがあると聞き、貧乏学生だった主人公はさっそく応募する。
体格などを細かくチェックされた後はオーディションで猿の物真似をやらされて合格し、
晴れてバイトの職にありついた。
それは、世にも珍しいホワイトゴリラの着ぐるみを着て動物園でゴリラの振りをするバイトだった。
実は中国から日本に、1ヶ月の約束で「幻の珍獣ホワイトゴリラ」が貸し出されたが、
オスのゴリラが病気で倒れてしまったため、その代役が必要になったのだ。

賢く大人しい動物なので、メスのゴリラと一緒にいても危険はないし、あまり動かなくても良い。
それで破格の報酬が貰えるのでおいしい仕事だった。
これで彼女にプレゼントでも…と思っていたところで事態は急変する。
病気で倒れていたオスゴリラの容態が悪化、ついには死んでしまったのだ。
関係者は問題になるのを恐れ、主人公を監禁、ゴリラの着ぐるみを一生脱げないように特殊溶剤で接着。
しかも声帯を潰して声を出せないようにする。
そのまま中国に送り返されそうになったところをメスのゴリラがかばってくれて脱走に成功し、
世間で大騒ぎになる。
しかし、家には帰れないし彼女に会っても自分だと分かってくれない。
絶望に浸っているところにメスのゴリラが説得(?)に訪れ、2匹は仲良くトラックの檻に乗り込む。
そして人々の感動の拍手に見守られて中国へと帰っていった。

その後、2匹の間で赤ちゃんゴリラが生まれたというニュースが流れた…

【後味の悪い話】ゴリラ代役の続きを読む
関連記事
[ 2017/06/18 19:14 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】糞ガキが行方不明に

511 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/19(水) 22:09:11
昔テレビでみた2時間ドラマ。
主人公は平凡な主婦だが、何か些細な事がきっかけで
地域のボスみたいな女の反感を買い、ハブられ、嫌がらせを受ける。
我慢していた主人公だが、小学生の息子がボスの息子の悪ガキにいじめを受け、
精神的にも肉体的にも傷ついているのを見て追い詰められていく。

ある日、主人公は、糞ガキが立ち入り禁止区域内に入ったあげく、
落石に巻き込まれて泣いているのを偶然見つける。
「助けて」と泣く糞ガキにかけより、崩れた石をどかして助けようとするが、
女一人なので遅々として進まない。
はじめは泣いていた糞ガキも徐々に苛立ち、「早くしろよ」的なことを言い始める。
「○○(主人公の息子)を家来にしてやるから、早く助けろよ!」の台詞を聞き、ふと我に返る主人公。
早くしないと家来にしてやらないからと喚く糞ガキの声を聞きながら、
主人公は一抱えもある石を落とし、声が消えたのを確かめその場を立ち去る。

【後味の悪い話】糞ガキが行方不明にの続きを読む
関連記事
[ 2017/06/18 18:14 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ